【再レビュー】10日間Huawei MediaPad T5 10を使ってみて気が付いたこと

以前の記事で紹介したAndroid搭載タブレット、Huawei MediaPad T5 10ですが、10日間ほど使ってどうしても気になったことがあったので再レビュー。

本体+ケース+フィルムで3万円以下の格安Androidタブレットを購入【 Huawei MediaPad T5 10】

スペックや詳細に関しては上の記事をご覧ください。

さて、本題です。結論から言うと、スピーカーの位置と手帳型ケースの相性が悪いです。

手帳型のケースには折れ目が付いていて、タブレットやスマホを立てておくことができる製品が多いです。特にタブレット用ではその傾向が強いです。(体感)

端末を立てて置けると、動画を見る際に手で持つ必要がないのですごく便利です。ですが、スピーカーの位置との兼ね合いにより、少々難があるのです。

私の場合、このようにベッドのフレーム部分にタブレットを立て、YouTubeやAmazonプライムビデオをごろごろしながら見ることが多いです。

こういう使い方ができるのは素晴らしいのですが、このタブレットの場合、スピーカーがメーカーロゴのある面についています。

この位置は問題で、スピーカーをふさぐ形でベッドのフレームと当たるので、どうしても音がこもりがちです。それによりせっかくメーカーも売りにしているスピーカーの性能を活かしきれないのです。

スマホの場合は、iPhoneみたいに下にスピーカーがあっても、画面を横にして動画を見る分にはスピーカーをふさがないんですよね。

その点、iPadはスピーカーが画面を横にした際に側面にあるので、よくできているなぁと感じました。

※ 私はアップル製品を1つも持っていないのですべてのモデルがそうなっているかは知りません ※

それ以外は本当によくできているだけに、どうしても惜しい点が目立ってしまいます…。イヤホンやブルートゥースのスピーカーを使う分には関係のない話ですが、ちょっとだけ惜しいです。

気にならない人は気にならないけど、気になる人は地味に気になるポイントだと思ったので再レビューとして投稿しました。

購入を検討している方は参考にしてください。最後までご覧いただきありがとうございました!


HUAWEI HUAWEI MediaPad T5 10 (LTEモデル)[10.1インチ/メモリ 2GB/ストレージ 16GB] AGS2-L09-BK