不要なノートPCをSSDに換装しWindows10をクリーンインストールする

卒業するにあたり学校から貸与されていたノートPCをもらうことができたので手元に余り散らかしているSSDに換装しWindows10をクリーンインストールすることにしましたので、その備忘録。

SSDに換装

ちなみにノートPCは富士通のLIFEBOOK SH75/Xです。これの場合、裏面のネジを全部取ってガバって外すとすぐにHDDまでアクセスできます。すごく簡単です。素晴らしい。

以前の記事でSamsung 970EVOに換装した時に外した下のSSDに取り替えました。デフォでは東芝製のHDDがついていました。

Samsung 970 EVOを買ったのでSSDを換装する


WD 内蔵SSD 2.5インチ / 120GB / WD Green / SATA3.0 / 3年保証 / WDS120G2G0A

ノートPCは基本的に2.5インチのHDDが入っているので、2.5インチのSATA接続できるSSDならば問題なく取り付けられることが多いです。HDDへのアクセスはノートPCによって違うので頑張ってください…。

インストールディスクを作る

マイクロソフトの公式ページからWindows10のISOを入手することのできるツールを配布しています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

ダウンロードしたものを起動するとこんな画面がでるので、30秒くらい待機。

画面が進むと規約に同意するかを聞かれる画面に遷移します。よければ同意して次へ行きます。

別のPC(不要なノートPC)のために用意するので、『別のPCのインストールメディアを作成する(USBフラッシュドライブ、DVD、またはISOファイル)』を選択します。

ただし8GB以上のUSBメモリが必要なので、ない場合はISOファイルを、ある場合はUSBメモリを指定して進めます。

これでWindowsのインストールディスクを作成することができます。もちろん手元にパッケージ版のUSBメモリがあればこれを使っても構いません。


Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用(最新) 32bit/64bit 日本語版|パッケージ版

インストールする

あとはWindowsをインストールするだけです。ノートPCにUSBメモリを指し、BIOS画面に行きUSBメモリを読み込むようにするとインストール画面へたどり着くはずです。

BIOS画面への行き方はDEL連打だったりファンクションキーのどれかを連打だったりしますが、起動画面に出てくるはずなので問題ないはず。

2019/03/08追記:富士通のノートPCの場合はF2を押しながら電源オン

ですがここでなぜかWindowsがインストールできない。Windowsセットアップというポップアップが表示され、新しいパーティションを作成できませんでした、というエラーがでます。

取り外してまっさらにしていないSSDをつけたのが原因のようで、Windowsのインストールディスクを選ぶ画面からすべてのパーティションを削除することで解決しました。

まとめ

以上の流れでSSDに換装しWindowsのインストールまで終わるはずです。普段はパッケージ版のUSBを使っていましたが、たまたまどっかに消えてしまったのでインストールメディアを作るところの備忘録をまとめておきました。誰かの参考になれば幸いです。