Windows Insider Programに参加してみる

皆さんご存じのWindowsですが、『Windows Insider Program』というものはご存じでしょうか。『Windows Insider Program』とはベータ版の先行公開されているWindowsを試し、Microsoftにフィードバックする仕組みのことで、現行のWindows10ではまだ未実装だった機能を試すことができます。が、まだまだ未完成のWindowsを使うことになるため、相応のリスクがあります。

新しいSSDにWindows10を入れなおしたので、せっかくならということでWindows Insider Programに登録したため、その手順の備忘録。

Windows Insiderに参加する

MicrosoftのWEBページからWindows Insider Programに参加することで、最新のWindowsを使うことができます。Microsoftのアカウントを持っていない人は作りましょう。
Windows Insider (Microsoftの公式ページ)

Windowsの設定画面から更新プログラムを受け取る

Windowsボタンを押して電源マークの上にある歯車のマークをクリックし設定画面を開き、1番下にある『更新とセキュリティ』を選択します。
左側のバーから『Windows Insider Program』を選択し、先ほど登録したアカウントでサインインします。
ビルドを受け取れるようになると、どのようなコンテンツの受け取りを希望しますか?と出てくるので、お好きなものを選びます。私は『スキップして、次回のWindowsリリースを利用』を選択しました。

Windowsアップデート

このままでは受け取り準備ができただけでインストールできていません。なので、Windowsアップデートを行い更新プログラムをインストールします。先ほどの設定画面の左側のバーの1番上にある『Windows Update』からWindowsアップデートを行います。時間がかかるので適当に暇をつぶして、終わったらPCを再起動しましょう。アップデートが終わるとWindowsのバージョンが更新されているはずです。

まとめ

以上で作業終了です。ベータ版を使うということでリスクはあるものの、新しい機能を真っ先に試すことができるのは楽しいですよね!何があるかはわからないため、大切なデータはバックアップをしっかりと取りましょう。また、不具合があった際に復旧する手段が用意できない人はくれぐれもご注意ください。