【AirMore】WEBブラウザからスマホを操作できるアプリのレビュー

スマホのデータをPCと同期させたりコピーしたりするとき何を使うでしょうか。iPhoneを使っている方ならiTunesでしょうが、AndroidOSのスマホの場合、iTunesは使えません。そこで、WEBブラウザからスマホの中身を操作できるアプリ『AirMore』を紹介。iPhone、Android共に使えるようですが、iPhoneを持っていないのでAndroid版のみの紹介です。

インストール
GooglePlayで「AirMore」と検索するとアプリが出てきます。

起動するとストレージとカメラへのアクセス権を要求してきますが許可します。また、PCとスマホは同じLANにつなぎましょう。

使い方
PCのWEBブラウザで、指定のURLにアクセスします。するとQRコードが表示されるはずなので、スマホのスキャンして接続をタップしQRコードを読み取りましょう。読み取れるとこんな画面になります。

PC

スマホ

スマホの下部にIPアドレスが表示されていますが、これはPCのプライベートIPです。

そのためスマホとPCが同じネットワークに属していないといけないというわけです。

基本操作
スマホのストレージのフォルダやファイルを開いたり、音楽や画像を開いたり、一般的なファイラーでできることはたいていできます。というかこの編のことができないと存在意義が怪しいです。

画像ビューワー

音楽

PCに音楽ファイルを移さずに再生することもできます。

試してはいませんが、ミラーリングの機能もあるようで、うまく使えば画面の複製もできそうです。これは便利かも。

まとめ
といった具合のアプリなのですが、普通に使う人はミラーリングなんてそうそうしませんし、このアプリを使わずともUSBケーブルを挿せばそれだけで済みます。ワイヤレスでできるという大きなメリットもあるものの、よくわからんアプリに権限与えたくないよーって人は普通にUSBでいいです。私は引き続きUSBケーブルを挿してファイルの管理をすると思います…。

確かに便利ではあるんですけどね。別に今までの方法に困ってたわけではないんだよねーという感じです。