【CubePDF】仮想プリンターと通してPDFに変換できるソフトが便利

なにかの仕様書や手順書、オンラインマニュアルなど多くの場面でPDFは一般的に使われており、WordやExcelなんかではPDFで保存することができます。

ですが、メモ帳やWEBブラウザではPDFで保存する機能ありませんよね。そこで、PDFで保存する機能がないソフトウェアでもPDFで保存することができる、『CubePDF』をご紹介!

ダウンロード

CubePDF ダウンロードリンク

上記のリンクからダウンロードページにアクセスできます。デカデカと無料ダウンロードと書かれていますが、そこからダウンロードしましょう。

インストール

ダウンロードしたインストーラーを起動し、利用規約に同意したのち適当に次へを連打しましょう。途中で別のソフトもインストールするか聞いてくるので、要らなければチェックを付けずにそのまま次へでOKです。デフォルトではチェックが入っていない親切設計です(?)

仕組み

通常、Office(Word,Excel,PowerPoint)をPDFで保存する際には、名前を付けて保存から拡張子をPDFに変更し保存をします。ですが、冒頭でも説明した、標準のメモ帳やWEBページを保存する場合、同じ手順でPDFで保存することはできません。

ではどのようにして保存するかというと、仮想プリンターを介することでPDF形式で保存することを可能にしているようです。CubePDFをインストールすることにより、名前を付けて保存の機能が拡張されるわけではないのですが、印刷メニューからCubePDFを選択できるようになります。

使い方

実際にCubePDFを使い、Windows標準のメモ帳で入力したデータをPDF形式で保存してみます。例として、寺子屋雑記の紹介文をメモ帳で入力しました。

このように印刷を選ぶことでPDF化できます。

作成し終わったPDFがこんな感じ。完璧です。すごい!

GoogleChromeでもこの通り。印刷を押すと上のGIFアニメと同じようにCubePDFのメニューが選択でき、PDFを作成できます。

まとめ

以上のように、めちゃくちゃ簡単でかつ一瞬、さらには無料でPDF形式に変換することができ大変便利です。PDFを扱いたいけど高い編集ソフトはちょっとという方や、Officeなど標準でPDFで保存できるソフト以外を使いたい方はぜひ試してみてください!