Windows10の最新版をレビュー【Windows Insider Preview】

以前Windows Insider Previewに参加したことを記事にしましたが、またアップデートが来ていたので更新しました。

Windows Insider Previewに参加してみる

そこで、更新した際に新しく実装された機能のうち、一般ユーザーが使う上で良いなと思った2つをご紹介。専門知識バリバリの人が使うようなことには踏み込みませんので、ご了承ください。

 

タスクマネージャーからストレージの種類がわかる
従来のタスクマネージャーではストレージの型番を見ることができましたが、これがSSDかHDDかを見ることができませんでした。型番でぐぐれば出てくるのですが、ここから見られるのは良いなと思いました。

画像のようにディスク0の下にSSDと表示されています。今回検証しているハードはノートPCなのでストレージはSSD1つですが、複数台のストレージを搭載している場合すぐに確認できるのは有用なのではないでしょうか。

Windows Updateの確認が簡単になった
Windowsマシンを使う上で避けては通れないのが『Windows Update』です。特別な事情がない限りWindowsのバージョンは最新を維持するのが好ましいのですが、更新があるかどうかを確認する方法をお年寄りや不慣れなライトユーザーの方は知らない場合もありそうです。ですが、今回のビルドでは設定ボタンを開くだけで更新の有無が確認できるようになりました。

今までは電源を落としたり再起動したりするときに、更新してシャットダウンや更新して再起動と出ていることが多かったと思いますが、ここから見られるようになったのは良いことだと思います。ただし、ライト層の方々がこの設定画面を開くのかというとわかりかねますが…。

以上が私が気になった新機能です。このほかにもレジストリエディターでF4を押したときの挙動が変わるなど便利な機能が追加されましたが、普通の人はあんまりレジストリエディターなんて触らないですよね…。ちなみに標準アプリの座から蹴落とされかけたペイントはまだ健在でした。地味に嬉しいです。