不動産会社に行き内見させて頂いた話

皆さん住まいをお持ちでしょうか。多くの人は持ち家や賃貸といった差はあれど、屋根と壁のある家で生活をしていることと思います。かくいう私はというと、雨風をしのげる場所があるものの、いとこの家に居候をしており、通常の0.05%程度肩身の狭い思いをしております。

そんな居候生活に終止符を打つべく不動産屋さんに赴き、いい感じの家を探してもらい見学へ行く『内見』という超一大イベントがあったのでその日記。

初めに行った不動産は賃貸紹介アプリで見つけた住まいのお問い合わせフォームからやりとりした場所です。そこはなんというか雑居ビルの一室で、正直に言うと胡散臭さ全開で…。なんかもうごめんなさいって感じの場所でした。とはいえ佇まいだけでは判断できないしと色々話を聞き、じゃあアプリで見た場所へ内見に行きましょう!となった段階で突然別の場所を紹介し、そこへはいけませんよと言ってくるではありませんか。もう怪しすぎです。Yah〇〇!不動産のアプリの信頼度が下がりました。残念です。

さすがにこれでは納得がいかなかったので、JR沿線にある別の駅のそばにある不動産屋さんへ来ました。そこは全国展開をしているくらい名前の知られている場所で、佇まいも綺麗。さらにはお暑いでしょうと麦茶を出してくれるという、まるでお客様を神様と勘違いしているかのような丁寧な接客でした。さすがはミニミニさん。ちなみに爆発事故もなく平和そのものでした。

JR某駅のミニミニさんに紹介していただいた物件2件をそのまま内見したのですが、どちらも甲乙つけられないくらい良い場所で素晴らしいです。

朝から怪しい不動産との梯子で疲れていたこともあり、より一層有名どころである安心感を感じられました。

これから家を探す方は絶対に有名な店で探したほうが良いです。マジで卍