ASUS / Zenfone6には正直残念【SIMフリースマホ】

SIMフリースマホなんかを調べたり、ニュースサイトの記事を読んだりしている方ならご存じの方も多いかもしれませんが、ASUSはもうじきZenfone6というスマホを発売予定です。そんなZenfone6ですが、私は少し残念だなぁといった印象を受けたので、それについて。

海外のサイトではすでに注文を受け付けており、価格は72,178円だとか。決して安いわけではないよね。

さて、私が残念だと思ったのは価格ではありません。安くて良いものが手に入るのが消費者としては一番ですが、良いものには相応の価値がありお金は払うべきだと考えています。

ではなにが不満なのかというとカメラです。上の画像でもわかるように、Zenfone6は特殊なカメラの機構を採用しており、メインカメラが持ち上がることで、インカメになるそうです。それが私としてはどうしても気に入りません…。そもそも私がセルフィーを撮ることが少ないというのもあるかもしれませんが、インカメの性能をそれほど要求していません。もっと言ってしまえば、機構が増えるということはそれだけ故障率があがるのではという懸念も生まれます。カメラが出っ張ったまま落としてもセンサーで収容するようですが、どれだけの感度で、どれくらいで収容してくれるのかに疑問です。

普通のインカメを搭載してカメラの機能を省いた廉価版が出たら購入を検討するかもしれませんが、今回のZenfone6にはあんまり購買意欲が生まれませんでした。

Zenfone5Zが性能と価格のバランスが取れていてよさげだっただけに、正直残念です。

まあ、あくまでも一個人の考えで、この機能めっちゃええやん!て方もいるはずなので、そういう方は買うのかなぁ…?