【🐫🐫🐫】ラクダの革の財布が肌ざわりも色合いも良き

私事でございますが、この度私4Kは財布を買い替えました。今までは合皮のものを使っていたのですが、せっかくなら革の財布にしたいなと思いお店に向かったところ、ラクダの革とかいうあんまり見かけない物を発見。

それがこちら。お値段12,000円。

牛やワニ、蛇、馬なんかは見たことがありますが、ラクダって珍しくないですか?🐫🐫少なくとも私は見たことがありませんでした。

外側はラクダの革、内側は布製です。

小銭入れ、札入れと仕切も多く、カード入れも12枚とそれなりにあるので機能性も十分。

二つ折り財布 OR 長財布
二つ折りと長財布を迷ったのですが、前も長財布だったので長財布にしました。二つ折り財布ってなんかパンパンになっちゃいそうで嫌なんですよね…。長財布はレシートやATMの明細が溜まってもある程度耐えられるので、ずぼらな私には長財布の方が向いています。

色
色はブラウンとネイビーがあったのですが、ネイビーのほうは紺というより青という色合いでイマイチ(展示品なので劣化しているのかもしれませんね)でした。ブラウンは画像では伝わりにくいかも知れませんが、落ち着いた色合いですごく好みです。

手ざわり
肌ざわりは柔らかくて最高。革製品ってものによってはツルツルしていたり、ザラザラしていたりとその素材独自の肌ざわりがありますが、ラクダの革は柔らかくしっとりとしています。無限に触っていたい手ざわりです。

作り
縫い目がしっかりしていてそれなりに長い事使えそうといった印象。革製品はメンテナンスが正しくできれば使う程味がでると言いますし、革以外のところも頑丈そうなのは嬉しいです。今のラクダの革がどんな風に変化していくのか楽しみです。

総評
12,000円って細部の中では特別安くもなくハイブランドでもないという中堅どころですが、それでこの質なら素晴らしいのではないでしょうか。あんまり見かけない素材ですが、手ざわりの良さ、機能性ともに十分。ただ、なめし剤の臭いなのか鼻に残る臭いがしています…。まあそれは使っているうちに薄れていくでしょう。少なくとも展示品は臭くなかったので。