微妙に役に立つドヤ顔できるPC豆知識 ~キー入力編~

PCのスキルがどれほどかは人によるところが多いでしょうが、小中高とPCを使う授業があったり、レポートを書くのに使ったり、仕事で使ったり、PCを使う機会というのは案外多いもの。そんなPCを使う機会で周りに話したくなる、役に立つかはわからないけどちょっとだけドヤ顔できる豆知識をご紹介。

矢印は『<-』、『ー>』で変換できる
矢印(← →)を入力するとき、皆さんはどうやって入力していますか?『やじるし』や『みぎ』、『ひだり』と変換している方が多いのはないでしょうか。ですが『<-』で変換すると←が、『->』で変換すると→が入力できます。不等号を入力する際にはシフトキーを押す必要があるので注意。

全角入力のまま半角スペースを入力する
日本語を入力する際には、基本的には半角全角キーを押し、全角にした状態でキー入力をしていきます。ですが、全角で入力していながらも半角スペースを入力したくなる時あります。そんな時はシフトキーを押しながらスペースキーを押しましょう。入力モードが全角のまんま半角スペースを入力できます。マスターすれば半角スペースと全角スペースを強烈な速さで交互に入力できます。

全てのアプリケーションを最小化する
職場や学校でサボってまとめサイトを読んでいるとき、家族共用のPCでピンク色のビデオを見ているときなど、世の中には人に見られたくない瞬間というものがあります。そんなときにはすかさず『Windowsキー』と『D』を同時押ししましょう。一瞬ですべてのアプリが最小化し、ばれる心配はありません。
※ たいていの職場や学校では管理者にはバレバレです ※

WEBブラウザでシークレットタブを開く
学校や図書館といった公共の施設PCを使う際、やっぱり履歴は残したくないですよね?そんなときにはシークレットモードを使いましょう。Google Chromeだけキーが異なるので、お使いのブラウザに合わせてキーを押しましょう。

  • Internet Explorer 『Ctrl + Shift + P』
  • Firefox 『Ctrl + Shift + P』
  • Edge 『Ctrl + Shift + P』
  • Google Chrome 『Ctrl + Shift + N』

以上、知っているとちょっとだけドヤ顔できるけどすごく役立つかは怪しいキー入力特集でした。皆もシフトキーを押しながらスペースを連打しよう!