【Public Post Preview】WordPressで作成した記事を下書きのまま一定時間共有できるようにする

WordPressで記事を書いていると、一部の人には見せたいけどその他大勢にはまだ見せたくないという状況に陥るときがあります。非公開にしてしまうと自分以外見られない、かといってパスワード付きにすると新着記事や記事一覧のところにタイトルが表示されてしまいます。

その状態を解決できるのがタイトルにもある『Public Post Preview』というプラグイン。企業から執筆依頼を頂き確認待ちの間にすごく役立ちます。

プラグインの追加画面から新規追加を押し、『Public Post Preview』と検索すると出てきます。

インストールし有効にすると記事を書き終え下書きに保存したタイミングで『外部確認を許可する』というチェックボックスが表示されます。
ここにチェックを入れると、初期状態では48時間だけ下書き状態でもURLを知っている方だけは見られるようにできます。設定次第で延長できるのですが、このプラグインは設定画面を表示できないので、手動でコードを追加しないと設定変更ができません。これだけはマイナスポイントですが、それ以外は便利なのでWordPressの必須プラグインかなーと思います。

以上、興味のある方はインストールしてみてはどうでしょうか。