【注意喚起】起きたら熱中症になっていた話

『室内熱中症』という言葉を皆さんはご存知でしょうか。私4Kは人生で初めて熱中症になり、明け方目が覚めた時、強烈な吐き気、眩暈があり、一瞬何があったのかわかりませんでした。

ここ最近疲れたなーという感じがしていたこともあり、普段はシャワーで済ませていたのですが、お湯を沸かしお風呂に入りました。その後髪を乾かし、冷房をつけていたこともあり部屋が冷え冷えだったので一旦冷房を止めそのまま寝落ち。

復活し調べてみたところ、入浴をすると汗等により体の水分が抜けるそうです。そして冷房も何もつけていなかったことにより室温は上がり…。酒やお茶は利尿作用があり夏の水分補給には適していないとのこと。水出しの緑茶を作って飲んでいるのですが、お茶が水分補給に適していないのは知りませんでした…。

普通の風邪ならいざ知らず、このまま放っておいたら天寿を全うしかけてしまいそうなやばさを感じたので病院へ。そこで熱中症でしょうねと診断をされ、初めて熱中症なんだと自覚しました。自覚していた症状はというと吐き気と眩暈で、明け方から病院へ行くまでの間に2回嘔吐。ベッドから立ち上がるのさえしんどい状態でした。

さて、熱中症になった時どうすればよいかですが、こもった熱を放出し、水分を取るのが一番です。少し前に熱中症対策にとOS-1をもらったので、とりあえずこれを飲んで過ごしました。ちなみにですが、脱水症状の時にスポーツドリンクを低ナトリウム血症になる可能性があるんだとか。

私自身医療関係者ではないので詳しいことはわからないのですが、熱中症は辛いのでならない方が良いです。夏休み中も活動している運動部の方、工事現場などでお仕事をしている方、それ以外の皆様も活動中はしっかり水分を取りましょう。

また、入浴の前後にはしっかりと水分を取り、部屋の温度も暑くなりすぎないよう上手に冷房を活用しましょう!

熱中症はならない方がいいよ、本当に…。