【ペイント活用】WindowsPCで簡単にモザイク処理をしたい

ブログをやっているとモザイク処理が必要なことって多々あります。例えば見せたくない情報、人物の顔など。私4Kの場合、そんなにたいそうな性能が必要な処理をしていないので、高い画像編集ソフトを使うのはちょっとなぁと思ってしまいます。

そこで、Windows標準のペイントでモザイク処理する方法と便利なフリーソフトをご紹介。

ペイントでモザイク処理

Windowsボタンを押しメニューの中から、Windowsアクセサリ→ペイントと辿りペイントを起動します。

その他にもWindowsキーとRを同時に押しmspaintと入力しても起動できます。

いらすとやさんの板垣退助のイラストにモザイクをかけていきます。

やり方はシンプル。モザイクをかけたい範囲を選択し、縮小拡大をするだけ。拡大した際に荒くなってしまうのを利用した裏技的なサムシングです。

モザイクをかける範囲が少ないならこれで何とかなります。ただ、やっぱりかけたい範囲が多い場合、毎回これをやるのって面倒ですよね。

そういう時にはそれ用のソフトを使う方が便利です。

MoZA

MoZAダウンロード先

起動するとこんな感じ。例のごとくいらすとやの板垣退助のイラストです。

モザイク→モザイクのピクセルの大きさを変更から荒さを変えられます。

マウスカーソルを持っていくと形が変わるので、ドラッグするだけでモザイクをかけられます。

総括

会社のPCなど外部ツールの導入が難しい場合であればWindows標準のペイントでも意外とやっていけます。寺子屋雑記.comに掲載しているモザイク処理をしてある画像も一部ペイントで修正しています。

ですが、やっぱりそれ用のソフトのほうが使い勝手は良いので、フリーソフトの導入に抵抗がないならMoZAを活用すると良いでしょう!