別のHDDにOSをコピーできるMiniTool Partition Wizardが便利

普段意識することってあんまりないかもしれませんが、HDDやSSDは消耗品で、一般的には1万時間がHDDの寿命といわれています。SSDはというと寿命を気にする必要がないくらい性能が上がっているものの、故障する可能性というのは付き物です。

そういったストレージですが、壊れてしまうと保存していたデータが吹っ飛んでしまったり、PCが起動しなくなったりと致命傷になってしまいます。

そこで、OSを丸ごと別のストレージに複製できる『MiniTool Partition Wizard』をご紹介!

MiniTool Partition Wizard とは

基本的な機能だけであれば無償で使えるパーティション管理ソフトです。GUIで直感的に操作することができ、ストレージについて操作しようという発想が浮かぶようなスキルがある人なら余裕で使えるような難易度です。

公式サイトにマニュアルも載っているため、マウスをポチポチするだけで使えるので、PC初心者の方でも安心して使えます。

  • Windows 10
  • Windows 8
  • Windows 7

と、現在(20190827)サポートされているOSであれば対応しています。

NTFS、FATなど一般的に使われている形式であれば使えますので、よっぽど特殊なマシンを使っている場合を除いてすぐに利用できます。

MiniTool Partition Wizard 公式サイト

ダウンロードとインストール

公式サイトの青いダウンロードを押すとインストーラーのダウンロードができます。

MiniTool Partition Wizard 公式サイト

ダウンロードしたインストーラーを起動すると、このように言語を選ぶ画面が出てきます。私4Kは日本語しかわからない日本語ネイティブなので日本語を選びました。

あとはウィザードの指示通りにマウスをポチポチするだけ。途中Avastをインストールするか聞かれるので、不要であればインストールしないようにしましょう。唯一の注意点はそんなもんです。

インストールが完了し起動するとこんな感じの画面が出てきます。

パーティションの分割と結合

せっかくパーティション管理ソフトをインストールしたので、OSの移行だけでなくいろいろ触ってみます。

緑色のディスク&パーティションの管理を押すと管理画面が開きます。

分割

分割する箇所を選び右クリックし、分割を選ぶとどれくらいの大きさに分けるかを選ぶことができます。初期値では1:1になるように設定されています。真ん中のつまみをドラッグすることで操作でき、もちろん数字を手入力することも可能です。

結合

結合するパーティションを選び右クリックし、結合を選ぶとパーティションをくっつけることができます。隣り合っているパーティションしか結合できないのが注意点ですが、これといって難しい操作はありません。

設定保存

左上の適用✔を押すことで保存できます。保存しないで閉じた場合適用されないので気をつけましょう。逆に言えばミスってしまった際は保存しないで閉じるようにすれば安全です。

分割、結合だけでなくすべての操作で適用を押す必要があるのでご注意ください。また、こういった操作を行った際にはPCを再起動するのがベターです。

ベンチマーク

ストレージの性能をベンチマークすることもできます。

左下の紫色のディスクベンチマークを押し、測定する場所を選ぶことでベンチマークができます。

簡易的なものですが、パーティション管理ツールでベンチマークまでできるってちょっと面白いです。

消去とフォーマット

冒頭でも述べましたようにHDDは消耗品で、壊れたら取り替えますし壊れたものは捨てるでしょう。ですがHDDには重要なデータも保存されているでしょうし、たとえ壊れていたとしても専用のツールを使うことでデータの復旧ができてしまうことがあります。

そういった事故を防ぐためにHDDを捨てる時には適当なデータで上書きし消去してから捨てましょう。MiniTool Partition Wizardにはそういった処置をする機能も付いていました。

OSを別のストレージにコピー

オレンジ色のOSの移行をクリックすると、複製するための画面に進みます。

コピーするHDDとコピーしたデータを保存するHDDと2台のストレージが必要なので注意しましょう。用途としては異音がしたり速度が落ちてきたストレージから新しいストレージにデータをバックアップするといった感じでしょうか。

ウィザードに従いながらマウスでポチポチするだけで、簡単すぎて拍子抜けです。

全てのデータをコピーするならAを、Windows起動に必要なデータだけをコピーするならBを選び次へ。

コピーしたデータを保存するHDDを選び進むと勝手にコピーが始まります。が、こんな感じのポップアップが出てしまいました。

今すぎ再起動を選ぶとこんな画面に遷移するので、適当に時間をつぶしていれば勝手に終わります。

今まで使っていたストレージをぶっこ抜きコピーしたストレージだけにして起動するか試してみます。

起動

すごい!これ無料なのかすごいぞ。めちゃめちゃ簡単じゃん、やヴぁ。

総括

一般ユースで必要な機能は殆ど無料版で利用できます。操作もわかりやすくWindowsの標準機能よりも圧倒的に使いやすいです。

特にすごいと思ったのはOSを別のストレージにコピーできる機能です。ブログの執筆のほかにも色々な場面でPCを使うため、念のためバックアップを取ろうと考えた際に丸ごとバックアップを取り、そのまま起動できるのは素晴らしいです。

もちろん有料版のほうが機能が多いので、必要な機能が有料も候補になると思いますので、機能の比較ができるページも併せて記載します。

https://www.partitionwizard.jp/comparison.html

非常に便利で簡単なので、HDD関係で困っている方はぜひ試してみてください!