【限界しりとり】してぇ…!しりとりがしてぇよ!!なぁ!!!

皆さんはしりとりという遊びを知っていますでしょうか。

奇跡的にしりとりをしたことも聞いたこともない方に説明すると、相手の言った言葉の最後の文字から始まる言葉を交互に言い合うゲームです。

例えば、リンゴ→ゴリラ→ラッパ→パリピ、のような感じ。

こんな単純なゲームであれど、『る』で始まる言葉は少ないなどのゲーム性があり、さらには濁点半濁点の扱い、伸ばし棒の扱いなどのローカルルールもあり、実質大富豪ですね。

そんなしりとりですが、面白いスマホアプリを見つけたのでシェア。それがタイトルの『限界しりとり』というアプリ。

私の知り合いがバーチャルYouTuberを始めたのですが、この方が動画でやっていたのを見てすごく興味を惹かれました。

ルールは単純明快、それぞれ2分間の持ち時間がありそれを使い切ってしまうと負け。濁点半濁点はあり(リンゴ→コアラはダメ)とやや辛口な設定です。

が、そんなのは序の口。このアプリの最大の特徴は文字数を指定される所です。文字数が指定されなければ半無限にできるしりとりですが、指定されると急に難易度が跳ね上がります。

ポケモンの名前や国名など幅広く辞書があり、なんでもあり感はあるのですが、それもまた面白いです。

暇つぶしも最適ですし、頭の体操にもなります。ブログを書く上での語彙力もちょっと高まるかも(笑)。