WordPressの有料テーマ『SANGO』が素晴らしい

アメーバブログやはてなブログなど多くのブログを書ける場所がありますが、本格的にブログの執筆を行っている方は、『WordPress』を使っているかと思います。

WordPressは無料で使えますし、テーマやプラグインを工夫すればレンタルサーバー代だけでブログの執筆が可能です。無料テーマの中にも優秀なものは数多くありますが、せっかくならということで有料テーマを購入してみました。

それがタイトルの『SANGO』。

SANGOとはサルワカという解説サイト風のレイアウトのWordPressのテーマで、サルワカの作者さんが公開しているテーマです。

心地よいWordPressテーマ

SANGOはユーザーフレンドリーを追求したWordPressテーマです。Googleのマテリアルデザインを大部分で採用。内部SEOも最適化されています。

ダウンロードページより引用

ダウンロードページにも書いてありますが、Googleのマテリアルデザインらしいフラットな感じがしてオシャレ可愛いテーマです。

参考 SANGO | 心地良さを追求したWordPressテーマSANGO

価格は10800円。高いテーマはもっと高いので、特別高いわけではありません。私の場合、毎日更新していますし、いずれペイできるくらいの値段です。

インストールはZIPファイルをWordPressに食わせるだけと、普通のテーマと全く同じです。

ウィジェットから人気の記事のランキングを作ることができ、またひとつプラグインを減らすことに成功しました(笑)。

トップページのレイアウトに悩んだ結果、SANGOサポーターというこれまた有料のプラグインを入れて今に至りました。

このプラグイン、トップページだけではなくSANGOに関する色々な箇所が編集できます。SANGOを使っていないと何の意味もないプラグインですが、標準装備のショートコードの使い勝手を向上させたり、SANGOの上位版であるPORIPUにも対応していたりと、まさに至れり尽くせり。

目次の見た目や柔らかな雰囲気などかなり気に入っているのですが、しいて言うなら標準のフォントが気になりました。ですが、これはテーマエディタからいくらでも変えられます。

トップページに関してはまだまだいじる余地がありますが、大まかなレイアウトは今のような感じでいこうかなと思います。